今日のニュース

3/31ページ

ペルーのラファエル・ラルコ・エレーラ博物館が世界のトップ博物館に選ばれる

世界最大規模の旅の口コミサイト「トリップアドバイザー」行った「世界のトップ博物館25」で、ペルーのリマ市内にあるラファエル・ラルコ・エレーラ博物館がランクインした。 このたび、旅に特化した世界最大の口コミサイト「トリッ プアドバイザー」が募った『世界のトップ博物館 25』で、ペ ルー・リマにあるラファエル・ラルコ・エレーラ博物館がラ ンクインました。同サイトが「旅行者が選ぶ賞」を開始した 2002 […]

ペルー・レインボーマウンテンなどこれから注目される観光地が選ばれる

日本旅行業協会(JATA)のアウトバウンド促進協会・北中南米部会による『アメリカ大陸 記憶に刻まれる風景30 選』キャンペーンにて、ペルーは、これから注目される観光地として、「レインボーマウンテン」「ティティカカ湖」「マチュピチュ」の三か所が選ばれた。

埼玉県・行田市今年の田んぼアートは「大いなる翼とナスカの地上絵」日本からの移民120周年記念にむけて事業実行委員会設立

ペルー・ナスカの地上絵をテーマに制作された行田市・古代蓮の里「田んぼアート」。その施設内にある古代蓮会館にて、2019日本ペルー友好年(移民120周年記念)事業実行委員会の設立について発表が行われた。

河野太郎外務大臣ペルー訪問。外相会談でTPP早期発効に向けて連携強化

  ペルーの首都リマで8月14日(現地時間14日午前、日本時間15日の未明)河野太郎外務大臣とネストル・ポポリシオ・ペルー共和国外務大臣の外相会談が行われた。 8月12日から19日の日程で、エクアドル、ペルー、コロンビア、メキシコを訪問予定していた河野外相は、予定通り14日、ペルーのポポリシオ外相と会談。

三菱商事、ペルー・ケジャベコ銅鉱山へ巨額投資発表

三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区)は、7月27日ロンドンに本社があるアングロアメリカン社共に参画する、ペルー共和国のケジャベコ銅鉱山プロジェクトへの開発を行うことを発表。2018年8月より開発にむけた建設を開始、2022年中に生産開始を予定する。総開発費は50-53億米ドル(約5.500億円~約5.800億円)。 ケジャベコ銅鉱山は、ペルー南部のモケグア県(Moquequa)にある世界最大級 […]

講演者決定・中南米日系社会ネクストリーダーズ・フォーラム開催のお知らせ

外務省はJICAとの共催で、日系社会に関心がある人ならば、誰でも参加できる「中南米日系社会ネクストリーダーズ・フォーラム」を開催する。

ペルーの子供たちの英語教育を支援。日本の大学生が教育格差に取り組む理由

リマ首都圏には仕事と富を求めて、農村部からの人口移動で都市部に人口が集中し、それに伴う経済格差と貧困問題の解消がこれまでの緊急改題になっている。 また同時に、自国内の経済や社会問題の状況が厳しいという元では、子供教育について関心が薄くならざる負えない環境を作り出していた。 ペルーは、グローバル社会にふさわしい人材を育てるための高度な教育を行う私立学校があるのと対照的に、一般的な学校における教育の差 […]

1 3 31