ペルーへの帰国者支の受付がはじまる

ペルーへの帰国者支の受付がはじまる

海外に暮らすペルー人を対象にした帰国希望者の支援事業への受付が、8月25日にから始まった。海外からペルーへの帰国を考えている人たちにとっては、帰国に弾みが付きそうな内容だ。

外務省と労働省により帰国支援事業は、ペルー社会への復帰を促進させ、生活の安定化を図るために様々な優遇措置が用意されている。税制上の優遇措置、雇用促進のためのプログラムを優先に受けらるなど、いずれも帰国のハードルを低くしている。また、住宅の購入を希望している人たちに対しても、特別なあっせんサービスが用意されている。

対象者は、4年以上継続して海外に暮らしていたか、移住先に2年以上滞在し、滞在資格ビザを持っていたがそれを更新することができなかった人などが対象となる。帰国を支援することで、製造業分野などで高い技術を持っていた人たちが、ペルーに帰りやすくなり、またそうしたスキルの還元を実現できるというメリットも期待されている。

ビジネス支援の中では、起業したいと希望する人たち向けのプログラムなども用意されているが、ウマラ政権への不振からか、こうした支援事業は人気取りで計画性がないと指摘する声も多い。

 

ペルー社会カテゴリの最新記事