Machu_Picchu,_Peru

ペルー政府観光庁(PROMPERU)の発表によると、2013年度にペルーを訪れた日本人入国者数は、2012年の19%増にあたる、6万7639人だった。


アジア地域からの入国者数は、前年比で11.8%増加した12万9920人。近年アジア地域からの観光客数は増加傾向にあり、全世界の地域からペルーを訪れる入国者数の4%を占めている。アジアの中でも日本と韓国からの観光客は特に多く、ペルー政府観光庁は、この2国はアジア地域への戦略的なマーケット展開において、重要視しているという。
その他、カナダからの入国者数は、6万2820人、ドイツ6万2570人、イギリス5万6783人、メキシコからは6万270人だった。日本人の入国者数はそれを上回るものとなった。韓国からの入国者数は、1万4000人だが、2010年度から毎年16%ずつ伸びている。
ペルー政府観光庁は、日本をはじめとするアジア地域でのプロモーション活動を積極的に行っており、昨年はシンガポールで開催された旅行業界のビジネスフェア「ITB Asia」、日本でのJATA旅博に参加している。


ABOUT THE AUTHOR: