森井勇介アンデス先住民族の写真展

森井勇介アンデス先住民族の写真展

ands2南米のアンデス地方に暮らす人々の暮らしや、伝統的な織物に魅せられた森井勇介氏による写真展が、8月29日より、東京調布市で開催される。

バックデザイナーの森井氏は、ファッションという視点で、世界の風土や文化から生まれた衣装に惹かれ、民族衣装を身にまとう人たちを撮影し続けてきた。森井氏は、一年かけて南米を旅行。標高4000メートルのアンデス地方に暮らす人たちと生活を共にし、苛酷な自然環境で生きる彼らの中で、今も息づく民族衣装や伝統文化に深く感銘を受けたという。今回の写真展では、アンデスに住む先住民の今の姿が紹介される。

■DATE

森井勇介写真展 アンデスの先住民族

 日時:829日(金)~910日(水)

時間:10:0018:00(最終日15:00まで)

会場:富士フォトギャラリー調布

182-8686 東京都調布市柴崎1-67-1  TEL042-481-8049

プロフィール/森井 勇介

1982年生まれ。バッグデザイナー。2007年よりファッションデザイナーとしてキャリアを摘む。2012年より民族衣装を探す旅を始める。北米、中米、南米の先住民族が生活する村々を巡り、民族衣装を纏う人々の生活を撮影してきた。昨年583日の旅を終え、無事帰国。現在、フリーランスとして、バッグのデザイン、ファッションデザインの講師として活動中。8/29より写真展開催。

 


イベント情報カテゴリの最新記事