ペルー・クスコの高等美術学校卒業生作品展

ペルー・クスコの高等美術学校卒業生作品展

EXPPINEPC20151210004

10日、東京・駐日ペルー大使館のマチュピチュホールで、ペルー・クスコにある、ディエゴ・キスぺ・ティト高等美術学校の卒業生による作品展が開かれた。

ディエゴ・キスぺ・ティトは、インカ系の先住民で1611年に高貴な家柄に生まれた。17世紀に画家として活躍し、クスコを代表する芸術家になっている。ディエゴ・キスペ・ティト高等美術学校は、彼の出身地であるクスコにある高等美術学校で、総合的なアートカリキュラムは、国際的な芸術家を輩出している。学校では、ペインティング、彫刻、ビジュアルアート、グラフィックデザイン、視聴覚アートを学ぶ生徒たちが集まっており、今回の展示は日本で初となった。

EXPPINEPC20151210014EXPPINEPC20151210015
ディエゴ・キスぺ・ティトの作品は、ゾディアックと名付けられたものが代表作としてしられ、作風は、アンデスに古くからある宗教や土着のものとヨーロッパから伝わったキリスト教の宗教観を融合させているのが特徴だ。卒業生による作品にも、アンデスに伝わるコロンブス発見以前のケチュア文化、人々に伝わるペルー独自の世界観や身体の融合を見出すことができる。EXPPINEPC20151210013

 

開催に際して、エスカラ駐日ペルー大使は「この美術高等学校はユネスコにより世界遺産にも登録されているマチュピチュのクスコにあります。私たちにとってもクスコの芸術家の作品を日本の皆様に見ていただけることは非常に光栄です。この展示によってペルーの文化的な表現を日本の皆様に味わっていただき、ペルーと日本の国民の間で共有できる知識になるきっかけになればとても嬉しく思います」と述べた。

写真上:エスカラ駐日大使による挨拶

写真中:卒業生作品より

写真下:左2人目より、富永一中央区区議会議員、エスカラ大使、ペルーにも滞在経験のあるモデル・定住旅行家のErikoさん、森和重日本コロンビア友好協会理事長


イベント情報カテゴリの最新記事