ペルー北部にあるカハマルカにおける、金甲山開発業者と戦う人々の姿をドキュメンタリー映画、「湖の娘」が、2月4日、千葉県成田市にある公津の杜コニュニティーセンターMORI×MORIホールで上映される。

ペルー経済を支える鉱山業だが、本編は大手金開発業者のヤナコチャ社に対する地域住民たちの反対運動の模様が描かれている。美しい故郷の自然と共に育ってきた一人の女性ネリダは、法律を学ぶために故郷を離れた大学にいる。

しかし、金鉱採掘のために地元の湖にある水は汚染され、住民たちは強制的にその土地を奪われようとしていた。エルネスト・カベジョス監督は、反対運動をする住民たちが虐待される様子、そして金鉱山で働くことしか生活を潤せないでいる住民たち、さらに遠くヨーロッパで金を扱うジュエリーデザイナーをそれぞれ追っていく。

 

本イベントでは、映画上映のほうか、ペルーの音楽とダンスも披露される。

 

映画「 ドキュメンタリー映画 『湖の娘 アンデスの水を守る』
HIJA de la LAGUNA 上映会 and ペルーの音楽とダンス 」エルネスト・カベジョス/2015年/ペルー/87分
日時:2018年 2月 4日(日)
【開演】14:00~  ■ チケット1,000円 (要予約)会場:公津の杜コミュニティーセンター MORI×MORIホール
(千葉県成田市公津の杜4-8)

電車:京成本線「公津の杜」駅より徒歩5分。

主催:ブエナワイカ

 

 

問い合わせ:ブエナワイカfacebookページ


Tags: , , , ,

ABOUT THE AUTHOR: