三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区)は、7月27日ロンドンに本社があるアングロアメリカン社共に参画する、ペルー共和国のケジャベコ銅鉱山プロジェクトへの開発を行うことを発表。2018年8月より開発にむけた建設を開始、2022年中に生産開始を予定する。総開発費は50-53億米ドル(約5.500億円~約5.800億円)。

ケジャベコ銅鉱山は、ペルー南部のモケグア県(Moquequa)にある世界最大級といわれる未開発銅山。

このケジャベコ銅鉱山プロジェクトは、アングロアメリカン社が出資する、アングロアメリカンケジャベコ社と通じて進めてきており、三菱商事は、同社の株式を21.9%アングロアメリカン社から追加取得し、持ち分比率を40%とすることに合意した。

ケジャベコ銅鉱山の胴埋蔵量は、約7.5百万トン(銅分換算)が見込まれる。世界最大規模の未開発銅鉱山で、新興国でのインフラ設備、電気自動車(EV)、エアコンなどで世界的な需要の拡大の中、本プロジェクトは、年間約30万トンの生産量を予定している。

今後、銅の安定供給を実現するとこで、ペルー・日本の恒常的な経済発展を生み出し、経済・社会・環境面の継続した成長を支えていく。

外資系の鉱山開発については、権益取得が中心に置かれることが多い中、三菱商事の本プロジェクトへ開発への参画は、ペルー経済への循環に大いに期待されている。


Tags: , , , ,

ABOUT THE AUTHOR: