ペルーの最大手銀行バンコ・デ・クレディト(BCP)の発表によれば、2013年から2014年のペルーへの投資見通しは、拡大傾向にありペルーの国内総生産(GDP)がダイナミック経済の影響を受けて、

6.3%くらい本年度よりも増えると考えられている。。

ペルー中央準備銀行(BCR)が出した、2013年から14年にかけてのインフラ予測の修正を元にすると、約3112.7万米ドルから3203.6万米ドルくらいの投資額を見込んでいるようだ。

金融全体では、2014年度の予測が6.3%増だという推定値を継続させているが、ペルー中央準備銀行も6.2%から6.3%の間の成長が見込めるとの見解を示している。

「主要部門の予測成長は、若干減少があったとしても、高成長している建設部門を実際よりも上方修正しており、それが減少部門をカバーして結果的に来年度に向けさらに投資が増加すると考えられる」とバンコ・デ・クレディトは発表している。

また、ペルーを成長させる投資とは、公共の事業に民間投資を集めた方式が望ましいとの意見もある。

 


Share:

administrator