世界的規模の航空連合の一つ、ワンワールド・アライアンスのメンバーであるJALとラン航空(LA)は、ニューヨーク、ロサンゼルスとペルーのリマを結ぶ2路線で、新たにこコードシェアを提携するための協定を締結した。

ラン航空は、サービスともに定評がある航空会社で、系列にラン・ペルー航空、ラン・アルゼンチン航空、ラン・エクアドル航空などがあり、南米のネットワークをカバーする、南米随一の航空会社だ。

2011年10月には、ラン航空とチリ間の2路線でコードシェアが実施されたが、ニューヨーク、ロサンゼルスとペルーのリマ間がコードシェアしたことで、

日本から、リマにむかう路線が増える。同路線の予約販売は、4月2日より開始している。

JALは、すでにラン航空とチリ間のコードシェアやマイレージの提携を行っているが、ペルーと間との提携により、JALの利用者にとっても利便性の向上が期待され、さらに日本とリマ間の移動が活発になる。

 

JALとラン航空のスケジュール情報

 


Share:

administrator